:>/dev/null

ラガードエンジニアの不撓不屈の精神

CloudWatchでCustomMetrix設定

表記の通りCloudWatchに監視項目を追加する必要が発生したので調査した時の勉強メモ。

  • CustomMetrix追加手順
    • aws configureがインストールされてない環境での手順
    • cloudwatchのsrcファイル(今回は「CloudWatch-1.0.20.0」)をインストール
    • カスタムメトリクス取得するファイル作成
    • 下記スクリプト内容を記述
    • cron設定にて定期監視
      • ※crontabにて設定した場合環境変数が読み込まれない為各実行コマンド位置までフルパスを指定する必要あり
    • 「cloudwatch→すべて→CustomMetrix→InstanceId→対象インスタンス」の手順にてグラフ化
    • 必要に応じてcloudwatch→ダッシュボード追加

■CustomMetrix監視項目

#!/bin/bash

FILTER="*testItem*"

export AWS_CLOUDWATCH_HOME=/usr/local/bin/CloudWatch-1.0.20.0
export AWS_CREDENTIAL_FILE=$AWS_CLOUDWATCH_HOME/credential
export PATH=$AWS_CLOUDWATCH_HOME/bin:$PATH
export EC2_REGION=ap-northeast-1
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jre

InstanceId=$(curl -s http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-id)

NodeCnt=`~/.local/bin/aws ec2 describe-instances --filters "Name=tag:Name,Values=$FILTER" "Name=instance-state-name,Values=running" --query "Reservations[].Instances[].[InstanceId]" --output text |wc -l`

echo $NodeCnt

/usr/local/bin/CloudWatch-1.0.20.0/bin/mon-put-data --metric-name "CustomMetrix Item" --namespace "CustomMetrix" --dimensions "InstanceId=$InstanceId" --value "$NodeCnt"

■crontab設定

$ crontab -l
*/5 * * * * /bin/sh /home/centos/chk-item 1> /dev/null

設定に問題無ければ、5分間隔でグラフ描写される。
監視項目(CustomMetrix)の追加が簡易に行えるのawsは便利。