:>/dev/null

ラガードエンジニアの不撓不屈の精神

logrotate設定のエラー改善されない事象に関して

apacheaccess_logをカスタム出力設定後、ローテート設定したが正常稼働せず調査・対応を下記へ記載しておく。

  • 以下対応フロー
    • apacheaccess_logを稼働出力設定する
    • ログローテート設定に上記出力したファイルをローテート設定
    • ログローテート実行
    • ログローテートエラー発生
    • ログローテート設定修正
    • ログローテート再実行
      • ログローテートエラー改善されず
    • ログローテートスタータスファイル削除
    • ログローテート再実行
      • ログローテート正常稼働

以下ポイント部分のみ抜粋

// option
// d:dry run
// v:詳細出力
// f:強制実行

// ログローテートテスト実行
# /usr/sbin/logrotate -dv /etc/logrotate.d/apache

// ログローテート実行
# /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.d/apache

// ログローテート強制実行
# /usr/sbin/logrotate -f /etc/logrotate.d/apache

// ログローテート状況保存ファイル削除
# rm /var/lib/logrotate.status

上記での嵌ったポイントとして/var/lib/logrotate.statusファイル削除を行ってない場合エラー改善されない事がある