:>/dev/null

ラガードエンジニアの不撓不屈の精神

fluentdの一時的labelの書き換え

fluent(td-agent)を使用したlabel切り分けで一時的設定→送信時変更する対応が発生したので設定時でのメモ。
sourceディレクティブが複数あり、送信時にsubgroup化して送りたい場合に有効。
sourceディレクティブにsubgroup機能が無い為、送信時のlabelディレクティブ時に追加。
汎用性がありそうな為、調査・対応を下記へ記載しておく。

  • 以下構築要件
    • sourceディレクティブで一時的に送信時のグループ名をlabel割り当
    • 一時的割り当てしたグループ名にtd-agent送信時のsubgroupを追加
    • labelを本来設定する名称へ変更

以下td-agent2環境fluentd v0.12以降のバージョン向けの設定例

<source>
  @id test_id
  @type   config_expander
  <config>
    @type tail
    @label @testgroup
    read_from_head true
    path {log_path}.log
    pos_file {posfilepath}.pos
    format multiline
    format_firstline /^\[\d{4}.\d{2}.\d{2}/
    format1 /^\[(?<time>\d{4}.\d{2}.\d{2}\s\d{2}:\d{2}:\d{2})\]\s(?<log_line>.*)/
    message_key log_line
    tag testtag
  </config>
</source>

<label @testgroup>
  <filter **>
    @type record_transformer
    <record>
      loginfo.subgroup testgroup
    </record>
  </filter>
  <match>
    @type relabel
    @label @testlabel
  </match>
</label>

後は、送信時のmatchディレクティブでよしなに設定すれば送信される。